お風呂の温度が40度以上の人は少し下げてみよう

日本人は昔から熱いお風呂を好む傾向にあります。多分多くの人がお風呂の温度は40度以上という状態で入浴しているのではないでしょうか。熱いお湯に入浴することで、垢を綺麗に落とすことができ、体をしっかりと温める事ができるような気がしますが、実際には40度以上となると温度が高過ぎると言われています。40度以上のお風呂に入ると洗浄力がかなり高くなります。体には本来肌の水分を保つための保湿成分があり、それが潤いを保ち乾燥から肌を守ることに繋がりますが、高い温度のお風呂に入ると保湿力が低下してしまいます。セラミドと言う保湿成分が高い温度のお湯に洗い流されて肌の乾燥につながってしまいますので、40度以上のお風呂は避けたほうがいいですし、長風呂もよくありません。お風呂の温度を考えた時に一番理にかなっているのが38度程度と言われています。自律神経の働きを整えて、体を温める効果やデトックス効果、洗浄力といった観点で見てもちょうどいい温度になります。38度では寒いような気がしてしまいますが、実際には体の中から温められていきますし、それ程寒く感じることはありません。浴室内を温めてあげればお風呂の温度も気にならなくなります。毎日の入浴で温度が高い状態では乾燥肌につながってしまう可能性がありますので、これからは38度程度のお風呂に入るようにしてみたほうがいいかもしれません。年齢を重ねた肌は特に乾燥しやすくなっていますので、40度以上のお風呂に入っている人はお湯の温度を見直しみてください。柏 ネイル