シャンプーを選ぶときにシリコンかノンシリコンかは余り重要ではない

シャンプーを選ぶときにノンシリコンとシリコン配合のシャンプーがあります。イメージでいうとノンシリコンのほうが頭に優しいなんてイメージがあり、ノンシリコンを使いたくなると思います。シリコンシャンプーが敬遠されるようになったのは、シャンプーに配合されているシリコンが毛穴に詰まってしまうということ、シリコンでコーティングされた髪の毛にはトリートメントによる成分が吸収されにくくなること、こういった理由があります。シリコンは髪の毛が絡まったりゴワつきを防ぐために配合されているのですが、マイナス面も大きいということがシリコンシャンプーの敬遠されてしまう理由なのです。ではノンシリコンだといいのでしょうか。ノンシリコンを使うと髪の毛をコーティングするものがなく、トリートメントの効果が高くなりますし、毛穴に詰まる心配もありません。健康的な髪の毛を維持できるということでノンシリコンを使うという人が多いようです。でも気をつけてほしいことがあり、ノンシリコンならコーティング剤が使われていないかというとそういうわけでもありません。強力な洗浄成分を含んだシャンプーにはシリコン以外のコーティング剤が使われている可能性が高いのです。シャンプーはシリコンやノンシリコンかということよりも、洗浄力の高さで選ぶということが大事になります。髪の毛に優しいシャンプーとなるとアミノ酸シャンプーがいいので、できればアミノ酸シャンプーを使うようにしてみてください。川越 美容院