一般品と専売品の違い

美容室では様々はヘアケア商品が美容室に「専売品」として売られています。当然その商品を使って美容室ではお客さんのケアをしている訳ですが、確かに「さすが美容室で使っている製品だ」と思えるほど、髪の毛の質が良くなったように感じますよね。ですから美容師さんからその商品の購入を勧められると、思わず「欲しい!」と思ってしまうのですが、その値段を聞くと、なかなか手が出るものではありませんよね。ですが自宅に帰ってから一般のドラッグストアなどで使われている製品でケアしていると、その差を実感せずにはいられないものです。やはりあの効果を味わるためには、あの値段は妥当なものなのか…と思ってしまいますよね。同じような事は風邪薬などでも言えますよね。ドラッグストアで買い求めた薬よりも、病院で処方してもらった薬の方が効き目があるように思えます。もっとも薬に関しては病院での処方には保険が効いたりしますから、そんなに値段の差は感じませんが、ヘアケア製品に関しては、倍以上の音が付いていることもしばしばです。ですが思い切って購入した人によると、一度購入したら、その効果がやはりとても良いので、その製品を使い切った時には、もう一般のヘアケア剤を使う気にならない程だ、と言われています。これまでのホットパーマでは、天然パーマやクセ毛の人をストレートにするために使われることが多く、いわゆる縮毛矯正の様な技術です。実はデジタルパーマはこれに良く似ていて、逆に軽くウェーブがかかったような仕上がりになるのが特徴です。普通のパーマをかけると、いかにもパーマをかけました、というようなカールになってしまうものですが、デジタルパーマでは自然なカールを出す事が可能になってきています。そして何と言ってもデジタルパーマの魅力は、その効果の持続性だと言われています。乾かしてもカールが元出来ますし、その効果は長い人では1年半はもつ、と言われています。またパーマのかかり具合のばらつきも少なくなる、と言われています。そして施術時間が短縮されたのもこのパーマのメリットだといえるでしょう。そのためパーマ中に「熱い」と感じて不愉快な思いをしていた人たちが、そのような思いをしなくても済むようになった、と言われています。このようにさまざまな点で、これまでのパーマやホットパーマの弱点を色々と克服してきたのがデジタルパーマと言えるでしょう。つまりパーマの進化系、と言う事かもしれません。「デジタル」と呼ばれるのも、これまでのアナログが進化したもの、と言う事に由来するのかもしれません。まつエクサロン 北生駒駅 エステ 上まつ毛両目 トライアル ナチュラル 口コミ クーポン