唇の紫外線対策は忘れずに

紫外線対策は顔や手の甲だけで済ませてしまっているといった人も多いと思います。実際に常に紫外線にさらされている露出の多い部分ですから、顔や手を集中的に紫外線対策するというのは当然のことです。でもその中で意外と忘れらてしまわれがちなのが唇の紫外線対策です。唇も常に紫外線を浴びている場所で、大きな影響を受ける場所です。唇は日焼けして黒くなるなんて事がないため紫外線の影響をあまり受けているように感じられませんが、黒くならないのはメラニンが少ないことが原因です。メラニンが少ないために紫外線から守ってくれる物を無くなり、変化は感じなくてもダメージは常に受けています。紫外線の影響は肌の乾燥につながりますが、唇も紫外線を受けると乾燥しやすくなります。乾燥をすると唇が荒れてひび割れが起き、ひどいと出血してしまう事もあります。出血した唇では物を食べることも辛いですし、カサカサになった唇を人に見られるのは辛いことでもあります。通常の日焼け止めを塗って唇の紫外線対策を行っているという人もいますが、それでは唇が荒れてしまう事があります。唇専用のUVカットリップを使って紫外線対策を行うのがいいでしょう。その上に口紅を使ってメイクを整えるようにします。唇の乾燥は気が付きにくく、気が付いたときには荒れてしまっていたなんて事が良くあります。意識して常に紫外線から唇を保護してあげるように気を付けて生活していく事が重要になります。女性は普通に生活をしていると一日の間に自分の体が太ったという事を実感する機会もあるかもしれません。一日働いて家に帰って鏡を見てみたら顔がむくんでパンパンになっていたという状態ですが、若いときならむくみも自然と解消していきます。しかし30代を過ぎていくと代謝能力が落ちて行きむくみも解消されにくくなっていきます。体の中に溜まった水分は簡単には体外に排出されなくなり、水太り状態を引き起こします。水太りは体を冷やしてしまい冷え性の原因になります。体が冷えると代謝はさらに低下してしまい脂肪が燃焼しにくくなり、体重も増えていくという流れになります。自分の代謝が衰えているという事にすぐに気が付ければ対処もできますが、普通に生活をしていたら代謝の低下には気が付きにくいものです。30歳を迎えたら今までとは同じ生活習慣を送っていたら太ってしまうということを意識しましょう。水分は人間の体に必要不可欠な物ですが摂取しすぎは水太りの原因になります。2リットルが目安になりますので普段から水分を多く摂り過ぎているといった人は水分の過剰摂取をやめていくようにしましょう。むくみがひどいときには必ずむくんだ状態を放っておかずにリンパマッサージを行って水分を体の外に放出してあげるようにしましょう。足が一番むくみ安い場所なのでお風呂に浸かってしっかりとマッサージを行うようにしてください。半身浴も効果的ですので普段肩まで浸かっているといった人は半身浴に変えてみるとむくみも解消しやすくなるはずです。豪徳寺 美容院