塩分はどのくらい取ればいいの

ダイエットや美容のためにも塩分摂取には気をつけないといけません。日本人は塩分を摂り過ぎる傾向にあると言われていることから、減塩ブームでもあります。日本人の1日の摂取目安としては男性が8グラム未満、女性が7グラム未満と言われています。これでも世界の基準から高いようですので、日本人の塩分過剰摂取は中々深刻な問題なのです。基本としては1日の摂取目安を基準に塩分を摂っていくことが大事になります。小さじ1杯の塩分が約6グラム程度ですので、女性の場合は1日の摂取目安としては小さじ1杯程度を目指していくといいということになります。ただこの小さじ1杯の塩分って簡単にオーバーしてしまいます。梅干しなら4つ、醤油なら大さじ3杯程度で基準値をオーバーします。料理をしているとこの程度の量は1食でオーバーしてしまうなんて人もいるかもしれません。塩分の過剰摂取は健康に良くないことが知られていますが、美容にもよくありません。体はむくみやすくなり、血管はボロボロになり老化していってしまいます。生きていくために必要な塩分ですが、摂り過ぎないようにだけは注意してみてください。ラーメン1杯で約6グラムの塩分摂取になります。これだけで1日の摂取塩分をほぼ満たすことになるので、ラーメンを食べたなら他の食事で塩分を控えるようにしてみてください。とんこつと味噌が塩分が多く、しょうゆが一番塩分が少ないと言われています。ラーメンを選ぶときの目安にしてみてください。新宿西口 美容院