夏はシャンプーのやりすぎに注意

暑い季節になると、どうしても気になってしまうのが頭皮の蒸れです。頭は紫外線を直接浴びていますし、髪の毛が生えていることでどうしても蒸れやすくなります。紫外線対策として帽子を被っていたらさらに蒸れてしまい、頭皮の臭いも気になってしまいます。暑くて蒸れる季節ですのでどうしても清潔さを保ちたくなりますし、すっきりしたくて何度もシャンプーをしてしまう人もいるかもしれません。でも頭皮の事を考えると1日1回以上のシャンプーはマイナス効果が大きくなりお勧めできません。シャンプーを何回も行っていると、頭皮を守ってくれるはずの皮脂が全部無くなってしまいます。皮脂は頭皮を守るために必要なため、体は頭皮を守るための皮脂を分泌します。完全に取り除かれた皮脂を補うためには大量の皮脂を分泌しないといけないわけで、体は必要以上に皮脂を作り出してしまうことになります。頭皮のべたつきや頭皮の臭いなどは皆皮脂の過剰分泌から起きています。そして皮脂の過剰分泌はシャンプーでの洗いすぎが原因になります。1日に何回もシャンプーをするとそれだけ皮脂が多くなっていってしまい、頭皮の問題を大きくしていく事になるわけです。綺麗好きな人ほどハマりやすい罠で、自分では十分に綺麗にしているのに頭皮はべたつく一方になります。暑い季節の頭皮のべたつきが気になるとはいえ、シャンプーの回数は最大でも1日1回と決めて置くことが頭皮の清潔さにつながるのです。生活環境は美容に対して大きな影響力を持っていて、乾燥した場所で暮らしているとそれだけ肌も乾燥しやすくなります。乾燥した場所に長くいると当然肌から水分が奪われていく事になり乾燥が進行してしまうのです。日常的に暮らしている自宅ではあまり乾燥を意識する必要はないかもしれません。人が必ずいる環境というのは乾燥しにくいものです。でも引越し先などで新しく生活を始める時はそれまでしばらく人が生活していなかったということもあり乾燥しやすくなります。普通肌の人ならあまり実感しにくいことかもしれませんが乾燥肌の人だと環境が少し変わるだけでも気になってしまいます。ホテルで宿泊するときも同じように乾燥に悩まされやすくなります。密閉性が高いため空気の循環が起こりにくく、湿度の低い状態が続いてしまいます。そんな時に暖房などを使っていたらさらに乾燥が進んでしまい、寝て起きたら肌がカサカサになってしまいます。空気の乾燥を防ぐためには空気を循環させる事、また加湿して部屋の中の湿度を上げておくという事が効果的になります。ホテルでの宿泊や引っ越し先での生活を始める時にはまず空気の循環させるために窓を空けましょう。そうすることで部屋の中の乾燥もある程度改善されます。寒い季節は特に乾燥が辛いので、湿度を一定に保つための加湿を心掛けます。人が快適に暮らすために必要な湿度は60%程度と言われているので目安にして湿度を高めてみるといいですよ。美容院 吉田駅 トリートメント 縮毛矯正 クーポン 口コミ おすすめ