睡眠のための寝酒は美容には良くない

美容のために睡眠を快適にしようとお酒を飲んでからねるという人も多いようです。寝酒の文化は昔からありますし、海外でも普通に行われていることではありますが、美容のことを考えてみるとマイナス面が多くお勧めできません。寝酒が美容に悪い理由についてはお酒を飲むと脳が覚醒状態になるということにあります。睡眠は深い眠りと浅い眠りを繰り返して体が休まっている状態になります。お酒を飲むと一時的に脳は深い眠りに入ります。しかししばらくしてお酒の効果が切れると今度は覚醒状態に入り浅い眠りの状態になってしまいます。浅い眠りでは体の疲れが取れませんし、肌のためにもなりません。結局起きてからも疲れがとれなくなり肌はくすんだような状態になるということになります。これが美容に悪い原因です。寝酒は習慣化すると、お酒を飲まないと寝れないという状態になってしまいます。美容のために悪い習慣が直せなくなってしまうのです。こうなってしまうと完全に悪い睡眠のサイクルに入ってしまします。日々疲れが蓄積されていき肌は血行不良なんて状態になってしまうので、悪い習慣は改善するようにして下さい。寝酒をやめたばかりの時は目が覚めてしまい全く眠れない日が続きます。でもだんだんと寝酒なしの習慣に馴染んでくると睡眠もとれるようになります。いきなりお酒を辞めることが出来ないという人は量を減らしていきましょう。少量なら睡眠のバランスも崩さずに寝ることができます。寝酒の習慣がある人は一度見直しみてください調布 美容院