美容師とお客の関係

美容室と言う所は美容師とお客さんがいて初めて成り立ちます。美容室では美容師とお客さんのやりとりでもって、様々な事が起こる訳です。もちろん、そこで行われているのはお客さんが美容師に髪を切ってもらう、と言う事がここなわれている訳ですが、この二人の関係と言うのは、ちょっとしたことで関係が良くなったり悪くなったりするものです。美容師とお客さんというのは立場が全く違います。ですが確実に判っている事は、お客さんは自分の顔と同じぐらいに大切な髪の毛を美容師に預けている、と言う事だと思うんですね。美容師の方から言えば、お客様の大切な体の一部を預かっている訳です。医者とまではいきませんが、それはとても大変な事であり、本来であればとても慎重に施術を行わねばならない事なんですね。なぜなら大抵の場合やり直しがきかないからです。ですが失敗しないためにはお客さん本人の協力も必要になります。なんでもかんでも美容師がすべてうまくやるべきだ、という態度では、上手く仕上がる物もそうはいかない結果になってしまう事も考えられます。お客は良い美容師を求めますが、美容師も当然良いお客さんであってほしい、と願います。そしてお客さんも自分自身が良い客であれば、それだけ自分の髪を預ける美容師さんも動きやすくなるものだ、と言う事を気に留めておくべきでしょう。美容師の割合と言うのは、今の所圧倒的に女性が多いと言われています。都会では男性美容師もかなり増えてきているようですが、地域密着型の美容室だとほとんどが女性美容師である、と言われています。そういう地域密着型の美容室であれば、個人経営の美容室が多く、そこで働く女性美容師たちは、割と自由な感じで仕事を続けているように思われます。です都市部の美容室の多くは、チェーン店だったり、企業体制をとっている美容室も多く、そういう美容室では美容師たちは「雇われている」と言うスタイルで働いている美容師が多いものです。そうなってくると、働き方としたら普通のサラリーマンを同じです。特に女性美容師たちは、多くのOLさんたちと同じように、結婚・出産・育児と言う事と、仕事の継続と言う事の優先順位を付けなくてはいけない時期が必ず来るものです。現実には女性美容師たちは、せっかく身に着けた技術を結婚や出産で諦めてしまいたくはない、という人も多くいるのではないでしょうか。女性美容師たちは、こういう時期に何に迷い、どの様な決断を下すものなのでしょうか。そのために美容室ではどのような制度が設けられ、女性美容師たちの結婚や出産・育児に関してどのように考えているものなのでしょうか。相模大野 美容院