顔のたるみと乾燥肌の関係について

肌の乾燥とたるみには関係があります。乾燥といえば水分がなくなっていくこと、たるみといえば顔の皮膚がしたに下がっていくこと、あんまり関係無いように見えますが、乾燥肌になるとたるみ安くなります。乾燥肌がどうして水分を失ってしまっているのかというと、水分の蒸発を防ぐ皮脂が少なくなっていることと、水分をとどめておく保湿成分が減少しているからです。水分をとどめておく働きを持っているのが、真皮層にあるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸等です。コラーゲンは肌の弾力も生み出していますが、年齢を重ねていくと減少していきますし、保湿力も弱くなっていきます。コラーゲンの減少は弾力とハリを失わせて肌をたるませてしまいます。同時に肌の保湿力もなくなっていき乾燥肌につながっていくというわけです。乾燥肌の原因は真皮層ばかりにあるわけではないので、一概にたるみの原因が乾燥肌ということは出来ませんが、関係が有るということは事実です。たるみの解消は乾燥肌の解消につながるため、乾燥肌に悩んでいる人はたるみケアをしてみるといいかもしれません。ただスキンケアで保湿を頑張るばかりでなく、睡眠時間を十分にとり、表情筋を鍛えて、物を食べるときにはよく噛み、適度に運動をしていくことが乾燥肌の改善につながることもあります。肌のトラブルは大体原因が重なることが多いので、何かのトラブルを解決することが別のトラブルを解決することにつながるということを覚えておきましょう。大名 美容室