食べ過ぎは肌荒れにつながる

食べ過ぎは肌荒れに繋がります。食べることで肌荒れになるなんて少し信じられないと思う人もいるかもしれませんが、食べ過ぎは肌にはよく無いのです。食べる量が多ければ胃の働きが活発になって大量のエネルギーが消費されるようになります。消化を助けるために血液が胃腸に流れていくことになり、肌には流れて行きにくくなります。肌は血液が到達するまで時間がかかり、その順番は頭皮についで2番めと言われています。髪の毛がストレスや血行不良で生えにくくなるのは血液がたどり着きにくいからで、肌も同じことが言えます。消化器官に血液を奪われて栄養もなくなり、肌に辿り着いた時には血液の中に肌に必要な栄養が何も残されていないということにもなりかねないわけです。食べる量が多ければそれだけ栄養も大量に摂れているように感じますが、消化されて吸収されて血液で運ばれるまでには時間がかかります。消化に時間がかかっている間は肌に供給される栄養が少なくなるので結果的に肌荒れを引き起こすということになるのです。暴飲暴食が美容に良くないと言われてしまう理由も同じです。消化に時間がかかればそれだけ肌にも影響が出てくることになるので、美容のことを考えるなら、消化器官にばかり働かせすぎないように食べる量を抑えたり消化の良い順番で食べるなりの工夫が必要になります。血液の流れが滞って肌に送られる栄養が減ってしまうという自体は避けるようにして見て下さい。横須賀 美容院