月別: 2015年7月

コラーゲンを摂るときに気を付けること

コラーゲンは肌の状態を決めてしまうほど影響のある成分です。年齢とともに減っていくコラーゲンを補い少しでも肌の若さを保ちたいといった人はコラーゲンを多く含む食事をするといいかもしれません。フカヒレ、手羽先、豚骨スープ、ウナギといった食材がコラーゲンを多く含んでいることで有名です。美容のためにコラーゲンを多く摂ろうという事でコラーゲン鍋なんかも女性には人気があります。サプリメントも充実していてコラーゲンの摂取方法はいくつも考える事ができます。ただコラーゲンは摂取した分すべてが肌に生かされる訳ではありません。コラーゲンは人間の体を作る大きな要素のため全身に広く分布していますし、食べたコラーゲンは分解されて肌に還元されなくなる物も沢山あります。そのためコラーゲンの過剰摂取なんてことにつながってしまう事もあるため気を付けないといけません。コラーゲンの摂り過ぎはたんぱく質の摂り過ぎになりますので体調に気を付けないといけません。たんぱく質の摂り過ぎは腎臓に大きな負担をかけることになる事と、脱水症状になり安くなるなんてデータもあります。またコラーゲンを含んでいる食材は脂肪を多く含んでいる事が多いため、食べ過ぎていると当然太ってしまいます。体重の増加や皮脂量の増加によってスタイルが悪くなり、肌にもニキビができやすくなる可能性もあります。失われコラーゲンの摂取もだいじですが、コラーゲンを失わない努力を同時に行なっていくといいでしょう。メイクは仕事から帰ってきたらすぐに落とさないといけません。誰でも知っている常識かもしれませんが、実際に洗顔をするとなると面倒と考えてしまう人もいます。若いとメイクが肌に与える影響を実感できないことと、若さに対する自信から少しくらいならメイクをしたまま寝ても大丈夫と考えてしまいがちです。でも若いから大丈夫なんて事はなく手間を惜しんだ分だけ肌は確実に老化をしていきます。スキンケアを怠った分は確実に何日か分の老化が進みますので、肌の老化を理解しながらスキンケアを行いましょう。スキンケアは何も時間をかけないと行けないという物ではありません。クレンジングから洗顔までは肌にダメージを与えてしまう可能性もありますので手早く済ませる事が基本になります。こすったり叩いたりするのはデリケートな肌を傷めてしまうことにつながるためクレンジングのときには極力ふき取る回数を減らす事を考えて行きましょう。メイクをしっかりと落としながら無駄な落とし方をしないことを心がけます。洗顔も時間をかけて汚れを落とすつもりでいてはいけません。洗浄のし過ぎは肌を守る保護機能を奪ってしまうため、ぬるま湯で皮脂汚れの目立つTラインとUラインを中心に行いましょう。時間をかけるとしたら洗顔後の保湿の方で、こちらはしっかりと水分を補給してあげると肌に良い効果をもたらしてくれます。美容液の効果を最大限に引き出すために、少し時間をかけて馴染ませていくと効率的なスキンケアができますよ。美容院 北生駒駅 トリートメント 縮毛矯正 クーポン 口コミ おすすめ

お酒の飲みすぎが美容に良くない理由について

お酒は飲みすぎると美容にとって逆効果になります。美容に良いからと言って適量を間違えてしまうとたちまち肌が老化してしまう可能性もあるので注意しましょう。お酒が美容に良くない理由はいくつかあります。お酒にはエタノールが含まれています。エタノールは分解されるとアセトアルデヒドを生み出します。アセトアルデヒドはシックハウス症候群の原因になるとも言われるほど強い毒性を持っていて、細胞を傷つけてしまいます。ビタミンの働きにも悪影響を与えるため肌の代謝が悪くなってしまいます。アセトアルデヒドの働きと並んで美容に良くない効果としては、脱水症状を引き起こす事です。アルコールの分解には水分が必要になり、大量の水分が消費されてしまいます。アルコールを含んだ水分はアルコールの分解に使われることがありませんので、お酒に含まれている水分はむくみの原因になってしまいます。しかもお酒という水分を飲んでいるために自分自身が脱水症状になっている事に気が付かないまま飲み続けてしまい、健康にも影響を与えるようになってきてしまいます。アルコールを飲むときには必要以上に水分が必要になることを理解して、常に水を飲んでいくしかありません。水分不足になると肌の水分も不足するようになり、肌の潤いが無くなっていきます。お酒を飲むときにはその特徴を理解したうえで適度に飲んでいく事が大事になります。お酒との付き合い方は決して忘れてはいけないことなのです。若い女性にとってニキビの存在は悩みの種です。美容に対する意識がそこまで高くなくてもニキビがあると憂鬱になりますし、何とかしてごまかしたくなる物です。20代前半にもなるとホルモンの働きが落ち着いてきますので簡単にはニキビができにくくなりますが、それでも完全に防ぐということは出来ません。ニキビのできやすい場所としておでこがあります。おでこのニキビは比較的原因が特定しやすく対処もしやすい場所です。20歳を超えたあたりから出来るニキビはホルモンの影響よりも生活習慣やストレスの影響を受けます。食生活の乱れ、栄養バランスの崩れ、仕事での仲間との付き合い方等を振り返って原因を考えてみましょう。またおでこにニキビが出来るのは髪の毛がおでこに当たるからかもしれません。その場合は髪の毛が汚れてしまっている可能性があります。シャンプーをしたときにシャンプーやリンスの洗い残しがあると髪の毛がおでこに当たってニキビができやすくなります。すすぎをしっかりと行なっていない証拠なので、髪の毛を洗ったらしっかりとすすいでシャンプー等を流すようにすると解決します。女性の髪形は前髪によって印象が全く変わりますので、前髪へのこだわりが強い人も多い事でしょう。常に綺麗にしておく事を心掛けておくと、髪の毛も綺麗になりますしおでこも綺麗になります。おでこにニキビができてしまい直せずに困っているときには原因を理解して根本的な対処を行っていくと簡単に治ります。目白 美容院

夏はシャンプーのやりすぎに注意

暑い季節になると、どうしても気になってしまうのが頭皮の蒸れです。頭は紫外線を直接浴びていますし、髪の毛が生えていることでどうしても蒸れやすくなります。紫外線対策として帽子を被っていたらさらに蒸れてしまい、頭皮の臭いも気になってしまいます。暑くて蒸れる季節ですのでどうしても清潔さを保ちたくなりますし、すっきりしたくて何度もシャンプーをしてしまう人もいるかもしれません。でも頭皮の事を考えると1日1回以上のシャンプーはマイナス効果が大きくなりお勧めできません。シャンプーを何回も行っていると、頭皮を守ってくれるはずの皮脂が全部無くなってしまいます。皮脂は頭皮を守るために必要なため、体は頭皮を守るための皮脂を分泌します。完全に取り除かれた皮脂を補うためには大量の皮脂を分泌しないといけないわけで、体は必要以上に皮脂を作り出してしまうことになります。頭皮のべたつきや頭皮の臭いなどは皆皮脂の過剰分泌から起きています。そして皮脂の過剰分泌はシャンプーでの洗いすぎが原因になります。1日に何回もシャンプーをするとそれだけ皮脂が多くなっていってしまい、頭皮の問題を大きくしていく事になるわけです。綺麗好きな人ほどハマりやすい罠で、自分では十分に綺麗にしているのに頭皮はべたつく一方になります。暑い季節の頭皮のべたつきが気になるとはいえ、シャンプーの回数は最大でも1日1回と決めて置くことが頭皮の清潔さにつながるのです。生活環境は美容に対して大きな影響力を持っていて、乾燥した場所で暮らしているとそれだけ肌も乾燥しやすくなります。乾燥した場所に長くいると当然肌から水分が奪われていく事になり乾燥が進行してしまうのです。日常的に暮らしている自宅ではあまり乾燥を意識する必要はないかもしれません。人が必ずいる環境というのは乾燥しにくいものです。でも引越し先などで新しく生活を始める時はそれまでしばらく人が生活していなかったということもあり乾燥しやすくなります。普通肌の人ならあまり実感しにくいことかもしれませんが乾燥肌の人だと環境が少し変わるだけでも気になってしまいます。ホテルで宿泊するときも同じように乾燥に悩まされやすくなります。密閉性が高いため空気の循環が起こりにくく、湿度の低い状態が続いてしまいます。そんな時に暖房などを使っていたらさらに乾燥が進んでしまい、寝て起きたら肌がカサカサになってしまいます。空気の乾燥を防ぐためには空気を循環させる事、また加湿して部屋の中の湿度を上げておくという事が効果的になります。ホテルでの宿泊や引っ越し先での生活を始める時にはまず空気の循環させるために窓を空けましょう。そうすることで部屋の中の乾燥もある程度改善されます。寒い季節は特に乾燥が辛いので、湿度を一定に保つための加湿を心掛けます。人が快適に暮らすために必要な湿度は60%程度と言われているので目安にして湿度を高めてみるといいですよ。美容院 吉田駅 トリートメント 縮毛矯正 クーポン 口コミ おすすめ

ウィスキーは美容に良いお酒

ウィスキーは男性が飲む物というイメージを持たれがちです。アルコール度数が強く、女性にとってみれば合わないお酒と敬遠されがちなようです。そんなウィスキーですが、美容効果が高いということが知られてきて女性でも飲む人が増えてきたようです。特に20代から30代の女性が一人でウィスキーを飲むなんてことも増えてきて、ウィスキーは女性にも親しまれるようになってきました。本来お酒というのはアルコールが高いほどカロリーが高くなります。そのため度数が40以上になるウィスキーはビールや日本酒に比べてカロリーが高くなります。例えばビールは100mlあたりのカロリーが40kcal、ウィスキーは237kcalです。その差は何と6倍近くあり、ウィスキーが太ると思われても仕方がありません。でもアルコールの強いウィスキーはビールほど量を飲む事ができません。100mlですらも多すぎると感じる人もいるかもしれません。それに対してビールは缶一本で350ml、それで済ますことの出来る人はいいですが、飲み会などになると一人で飲む量はさらに多くなります。結果的に飲みやすいビールは太りやすく、飲む量が少なくなるウィスキーは太りにくいということになります。ウィスキーは糖質やプリン体が少なく、ポリフェノールが豊富に含まれているので健康にも美容にも良いお酒です。アンチエイジング効果があるとして注目されているので、もしも普段ビールを飲む習慣のある人はウィスキーに変えてみると美しくなれるかもしれませんよ。高齢者の皆さんでもかつては行きつけの美容室があったものでしょう。特に一昔前に若い年ごろを過ごした人は、其のころの美容室のは今とは違って、チェーン店などではなく個人経営の美容室で、美容師も先生と呼ばれて地域に密着した美容室が多かった時代なのではないでしょうか。おそらく美容室の先生はとても親身になってその人に似合うヘアスタイルを提供してくれたことと思います。そして今の時代よりもカジュアルなスタイルを少しオシャレなスタイル、というものの区別がはっきりしていた時代ですから、何か特別な事があるとすぐに「美容室に行かなくては」となっていた時代だったと思われます。かつては子供の参観日に行くためにでも美容室へ行くようなお母さんもいたようですからね。そういう時代を過ごしてきた人ならば、おそらく本当はいつまでもキレにする気持ちを持っていたはずなのですが、段々と美容室から足が遠のく人も多いようです。もちろん体力的きつくなってきた人にとっては、美容室が少し家から遠い所にある場合などには、歩いていくのが難しかったりすると、だんだんと通わなくなってくるものかも知れません。ですがその他にもいろいろな原因から美容室から遠ざかってしまう高齢者も多いようです。青山 美容院

同世代の他の男性と比べない

美容師の彼がいる時に、絶対してはいけない事の一つに「同世代の他の男性たちと比べない」と言う事があります。美容師と言う職業は一見華やかで素敵な職業のように見えますが、実はお給料がとてもひくい事でも有名な仕事です。お給料だけではなくて、いわゆる出世が遅い、という点では断トツかもしれません。アシスタント、という時代も悶々と過ごしている間に、一般の会社勤めのサラリーマンならそれなりの肩書が付く様な年齢になる訳です。お給料だけでは無くて福利厚生などの面でも、他の職業と比べて良くない可能性も大いにあります。ですからおそらく彼にとって一番つらいのは、同世代の他の男性たちが、倍以上の給料をもらい、有給休暇で旅行などに行くとか、彼女に豪華なプレゼントをする、などという生活をしている事を目の当たりにする事ではないでしょうか。もちろん自分で選んだ道で頑張っている彼はとても素敵だと思います。ですが自分の彼女から、「他の男性たちはこれぐらいの稼ぎがあるのに…」などと言われたら、それほど辛い事は無いと思うのです。実際美容師の彼と付き合っていても、とてもこれでは結婚できない、と思う彼女も多いと言われています。彼の事を思いやるなら、決して他の業種の男性達とは比べない事です。iPadを利用する事で、多数の情報を管理できることができます。ですが情報が溜まっていく一方だ、というだけでは情報を管理している意味がありません。iPadなどのシステムを利用する事で、経営上での最大のメリットというのは、その管理している情報を使って、分析が出来る、という点ではないでしょうか。売り上げ管理にしても自動的に集計がなされるので、会計の〆の作業というのが軽減されるばかりではなく、月ごとの売り上げ情報、クーポン利用者の割合、などその時に知りたい、と思う情報がすぐに表示されます。そしれそれをもとに、これからの美容室経営の戦略を立てる事が可能になります。実際に数字で売り上げの増減が表示されるので、経営者も冷静な判断をすることができます。ついつい自分の店に対する愛着などから、現実を認めたくない、という心理が働くものですが、iPad上に表示される数字に関しては、認めざるを得ない現実を見る事があるでしょう。つまり第三者の目で経営状態を表示してくれるツール、と言っても良いでしょう。現状を早く把握し、原因を数字化して割出し、いち早く対策を立てることができる、と言う事は、経営以上とても便利な事ではないでしょか。時には美容室の危機を救う事もあるかもしれません。大島 美容室

激安美容室の参戦

クーポンの利用者が増える、と言う事は、人々が値段的にお得な美容室を求めている、という時代になったという事なのかもしれません。そこで新たに参入してきて来たのが、料金の安さだけを追求した激安美容室の出現ではないでしょうか。1000円カットに代表される激安美容室は当初は本当に安いだけの美容室や理容院であったかもしれませんが、逆にそれが必要とされ始めると、美容室と1000円カットの中間どころの、安くて良い美容室、というお店も出現し始めたように思います。そもそも美容室の競争が激化していなかった頃には、お客さんにいかにサービスをするか、という接客レベルで競っていた時期があったと思います。その時期にサービスばかりが過剰で、施術の料金そのものは単純にもっと安くできるのではないか、サービスに料金を支払っている訳ではない、と感じていた人も多くいたのだと思います。そういう人たちは、不必要なサービスをしない事でコストを格段に抑えた激安美容室に飛びついたのだと思われます。そこで十分に自分の求めるものが得られるからです。そういった種類の美容室にお客さんを取られてしまうようになったこともあり、ますます各種美容室の競争は激化していったのかもしれません。クーポンが多岐にわたるようになったのもこういった背景があったのかもしれませんね。紫外線による老化は少しの時間紫外線を浴びるだけでも進行します。買い物や旅行などでの外出では紫外線対策を行う事が普通という人でも、家の中での仕事をしている時にまで紫外線対策を行なっている人は少ないかもしれません。日焼け止めを毎日塗っていればいいというわけにも行きませんが、紫外線対策に関しては細かいところまで気にしたほうが美容のためにも良いかもしれません。家での作業で紫外線ん当たる可能性のある状況と言えば、洗濯物を干す、ゴミだしに出かける、庭の手入れをするなどが有ります。洗濯物を干すなんてほんの数分かもしれませんが紫外線の影響を考えた場合は何かしら対策をした方がいいかもしれません。日焼け止めは紫外線を防いでくれますが、肌にも多少の負担がかかります。ほんの数分のために日焼け止めを使うよりは帽子などで軽く紫外線対策を行う程度にとどめておいた方がいいでしょう。一番いいのは外に干さないという事ですが、部屋干しをすると部屋の中が嫌な臭いに包まれてしまう事もあるため避けたほうがいいでしょう。家の中にいても紫外線は入り込んでいるため、カーテンを遮光性のある物に替えておくといいかもしれません。紫外線対策に対しては少し神経質になるくらい徹底したほうが美容のためになります。完全に日光を避ける事がいいわけではありませんが、普段から外出する機会の多い人や、外で働く機会の多い人は紫外線対策を万全に行っておいた方がいいでしょう。海老名 美容室

異性の美容師に対する意識

美容室において女性のお客さんたちは、同性の美容師か異性の美容師かどちらを選ぶか?というとだいたい半々ぐらいなのではないでしょうか。一つの意見として男性美容師を選ぶ理由として、男性目線から見てキレイにしてほしい、という意見も有るようですが、同性である女性美容師との方が、会話が弾みやすく緊張しない、という意見も有るようです。会話の弾み方などは関係なく、実際にテクニックが良い人を指名するので性別は関係ない、という人もいるようです。これに対して男性のお客さんと言うのは同性の美容師を指名する事が多いのではないでしょうか。女性美容師を指名する、というのは女性客が男性美容師を指名する事よりも敷居が高いと思われます。もちろん緊張もするでしょうし、かなり女性であることを意識してしまうのも男性の方ではないでしょうか。もっとも男性の中にもお目当ての女性美容師がいる、という人も中にはいるようですが、それはもっぱら若い男性たちの間でのことの様で、特に中年男性位になると、色々と髪の悩みも出てくる様で、そのような年齢を感じさせるような髪の毛や頭皮の状態について、女性に見られるのは恥ずかしい、という気持ちも有る様で、やはり同性の美容師の方が落ち着く、という意見が多いようです。一般の人でもそうですが、ブログを始めたけれども、どうにも続けるのが苦痛になる、という人は良くいるものです。美容室のスタッフブログにしても同じでしょう。物凄くまめに更新する人と、そうでない人の差が激しいと、なかなか更新できない人は他のスタッフと比べてなんだか手抜きをするスタッフのように思われてしまうかもしれませんね。それがスタッフブログの難しい所で、みなが勝手に更新する方法にしているとこの様な偏りが起きる可能性も有ります。なかなかブログの更新ができな人に限って「こんな事をしてお客さんが本当に増えるの?」と言う疑問を持ち始めます。確かにブログをまめに更新する事で、物凄くお客さんが増えた、と言う事はなかなか実感しにくいものかもしれません。ですがブログは自分自身を高めていく一つのツールでもあります。心の困ったブログを書こうと思ったら、嫌でも日々の自分自身を見つめ直す事になります。今日は何が楽しかったか、出来なかった事は何か、次はどうしようと思っているのか、そういう事が人間らしいブログネタになります。つまり自分がこう思っている、と言う事ばかり書くのではただの自己主張や報告であり、読み手としては魅力が無いのです。しかもネタも尽きてしまいます。ですが自分を客観視した内容であれば、読者はそこに共感したり、また疑問に思ったりします。そうやって興味を持ち続けてもらう事がスタッフブログにとってはとても大切な事なんですよね。門前仲町 美容院

初対面の美容師との間をブログがつなぐ

美容室のスタッフたちが、ブログで自分の美容師生活を読者に発信するのには意味があります。ブログで情報を発信する事で、お客さんの心をつかみ、掴んだお客さんを離さない、という効果があるからです。ではブログを読んだ人たちはどのように心を動かされるのでしょうか。みなさんは美容室に行く、と言う事は自分の髪を切ってほしい、と思っているからですよね。人に何かをしてもらおう、と思っているときには、「それを誰にしてもらうか」と言う事がとても重要です。それが自分の外見を左右するヘアスタイルに関してだ、とすると、その時にお願いする美容師選びはとても重要です。どの美容室に行くか、と言う事は勿論ですが、どの美容師に切ってもらうか、と言う事にはとても慎重になると思います。誰だって見ず知らずの人に自分の髪の毛を切られる事には抵抗があります。ですが切ってもらわないと自分の思うヘアスタイルは出来ません。ですから少しでも自分が納得できる美容師に切ってもらいたいものですよね。美容室を探す時にスタッフブログがあったら、それを見る事で、その美容室に実際に行かなくてもそのブログを読む事で、少しでもその美容室に入る美容師たちの情報をあらかじめ得ることができます。その事はまったく見ず知らずの人に会う緊張感を、少しでも和らげてくれるのではないでしょうか。男女の間で、美容室を選ぶ時に重視する事、というのも微妙に違っていたように思いますが、美容室に行った上で、そこで何を期待するか、と言う事に対しても差があるかもしれません。ここでも男性の持っている本来の気質と言う物が、男女の差となって現れるように思います。ある調査では男性が美容室に行った時に知りたい情報、または美容師に期待している事として「自分の顔や骨格に合うヘアスタイルについて理論的に知りたい」という意見が多いようなんですね。そしてそれ以外の事に関しては、特に男性は美容室で何らかの情報を得たいとは思っていない傾向がある様なんですね。つまり「美容室は髪に対する施術をしてもらう所であり、そこで自分に似合うスタイルを作ってもらう」と言う、本来の美容室の役目であることだけに、期待をしている、と言う事になります。おそらく男性に言わせたら、「美容室なんだから、それだけでいいでしょう?」と言うかもしれませんね。こういう男性の考え方と言うのは、欲が無いというか、ここはこういう場所、と割り切っているという感じですよね。しかも自分のオシャレに対する欲、という物よりも、客観的に見てどうかプロに聴きたい、という割り切った考え方をしているように感じます。清澄白河 美容院

丁寧さは理容師が上

美容室に興味がある男性が、知っておかなくてはいけないのは、一般的な評価として、カットの上手さ、特に「揃える」と言う技術に関しては、大抵の人が理容師の方が美容師よりも上手い、という評価をするようです。ここでいうカット、というのは、とても丁寧にキレイに切りそろえる、と言う事に関してです。ですが仕上がりが一般世間でいう「おしゃれ」であかどうか、と言うと、やはり美容室の方の評価が上になります。一般的におしゃれだ、とされるカットの方法は、理容師が施すような切りそろえられたスタイルではないからかもしれません。美容室ではナチュラルに、とか動きを付けて、とか遊ばせて、というようなカット方法を主に用いる事です。ですから自分がしてみたいスタイルが、やはりきちんと切りそろえられたようなスタイルであるのなら、美容室に行く必要はないかもしれません。最近では理容師でも、おしゃれな男性スタイルに仕上げてくる人も多くいるようです。まずは理容院の中で、美容室の様なオシャレなスタイルに仕上げてくれる所を探してみるのもいいかもしれませんね。単純に美容室と言う場所に興味があるだけなら、行ってみる価値も有るかもしれませんが、なりたいスタイルが決まっていて、それがあまり美容室ではしないようなスタイルであるならば、今行っている理容院を変えてみる、という方法も一つの選択でしょう。みなさんは、自分の通っている美容室のスタッフブログってみたことがありますか?また美容室を探そうとしている人でもスタッフのブログを読んで参考にする人もいる事でしょう。美容室のスタッフさんは、どうしてあのようにブログを作っているのでしょうか。中にはとても読むのが面白いブログも有りますし、自分が良く知っているスタッフさんたちのブログだから、一応読んでいるよ、という程度の人もいるでしょう。このブログを設ける事で、美容室にはどんなメリットがあるのでしょうか。忙しい美容師さんにとって、ブログを更新する事も半ば仕事のようになっているケースもたくさん有る事でしょう。時には本当に随分前に更新されて以来、ずっと放置されている様なブログを目にする事も有ります。それでも今ではほとんどの美容室のホームページを見ると、スタッフさんのブログのページに飛ぶことができるようになっています。美容師のスタッフブログを集めたサイトもあるぐらいです。皆さんはどのような時に美容師のスタッフブログを読んで、何を思いますか?もしもそのブログが美容室の売り上げを左右しているのだとしたら、どういうブログを書くことが売り上げにつながるのか、また実際に美容師の人たちはどのような事を意識して記事を書いているのでしょうか。岩槻 美容院

黒髪に戻すのも美容室の仕事

髪色を染めている事が就職などでは「良くない」とされている風潮が続いていますが、それなら染めなければよい、と言う事になります。実際に今後は黒髪のブームが訪れるのでは?という見解も有るようです。もしそうなったら美容室は大変なのでは?と思ってしまいますよね。現に今の状況から行くと、みんながひとしきりカラーリングを楽しむ事も美容室にとっては仕事になる訳ですが、この様に就職や仕事には黒髪、という風潮が続けば、黒染めをする事も美容室の仕事として成り立つわけですね。みんながカラーリングをしなくなったら、当然黒髪に戻す、と言う事も無くなるわけですから、確かに美容室としては困った事になるかもしれませんね。ですが一方で、言って年齢超えた人たちもカラーリングを楽しんでいます。かつては白髪に悩む年代になった人たちは、白髪染めをする事をメインとしていましたが、いまでは白髪を隠しつつ、様々なカラーを楽しむ人たちも増えてきたように思います。不思議な事に、こういう年代の人たちが髪を少し紫がかった色とかに染める事は、だれもふざけた印象は持ちませんよね。それは立派な「おしゃれ」として位置付けられているようです。日本と言う所では、働くことに関して、また学生である事に関しては黒髪が良い、という風潮なのでしょうか。美容室と言う所は、段々と男性にも浸透してきましたが、まだまだ中高年男性にとっては敷居の高い場所のようです。興味はあるけれども…、近所にオープンしたんだけれども…と眺めている男性たち多いのではないでしょうか。どうしてそんなに敷居が高いのか、というと、おそらく今更美容室に行って、オシャレになる自分というものがとても恥ずかしい、と思うからかもしれませんね。また美容室と言う場所がまだまだ女性優位な場所である、という思い込みも有ります。特に少し老いを感じるような年齢に差し掛かってくると、なかなか自分の容姿、特に自分の髪の毛に関して自信が持てなくなってくる男性が多いですよね。ですから「こんな髪で美容室なんて、笑われるんじゃないか」という思いも少なからずあるようですね。しかも、男性同士でオシャレについて話をする、という機会が女性と比べたらまだまだないのではないでしょうか。ですから誰にも「美容室に行ってみようか」なんて相談が出来ないまま、月日が経ってしまっているのではないでしょうか。もしも誰かが「美容室に行ってみたら?」と後押ししてくれたら、案外勇気を持てるものかもしれませんが、一般的に女性に比べてあまりおしゃべりをするのが好きではない男性にとっては、自分のオシャレについて誰かと語る事なんて、なかなか無いのかもしれません。北生駒駅 ラメグラ カラー  クリア 口コミ クーポン おすすめ