月別: 2015年8月

朝に和食を食べることがおすすめ

日本人が守り続けてきた伝統の和食は健康や美容にいいことが知られています。海外でも注目を集めていて、モデルの人の中にも1食は和食を取り入れるようにしている人も多いようです。和食はどうして美容にいいのでしょうか。和食の基本はご飯です。洋食を取り入れる家庭が増えてきたことでパンを中心にした生活を送っている人も多いと思いますが、パンとご飯ではそもそも太りやすさが違います。同じ炭水化物でもご飯の方が太りにくいのでダイエット向きになります。和食はご飯だけでなく非常にバランスのとれた食事ができます。パンを中心にすると比較的動物性の脂肪の摂取が多くなりますが、和食は脂肪や野菜のバランスがよく栄養の偏りを防ぐことができます。余分な添加物や調味料の少ない食事になることも魅力の一つです。しかし注意しないといけないこともあり、それが塩分の摂取量です。和食は比較的塩分が多く、毎食和食では確実に塩分の過剰摂取につながります。もしも和食を美容のために取り入れていこうと考えているなら、1日のうちの朝だけを和食に変えていくと美容に良くなります。朝は炭水化物、タンパク質、脂質のバランスがいい食事が必要になるので和食がピッタリです。逆に夕食では塩分の摂り過ぎが怖いので控えたほうがいいでしょう。朝仁和食を摂ると体の代謝も良くなり1日のエネルギー消費が効率的になります。1日の始まりを和食で迎えてみると自然と体の綺麗になっていくかもしれませんよ。五反田 美容院

汗かきのお客さんも想定内

美容室のお客さんの中には、夏に美容室に行くのは、汗をかいている事や、体の匂いが気になって行くのをためらわれる、と考えている人もいるようですが、美容室のスタッフたちがその様な状況について気にしたり、迷惑に思っている、と言う事は全くないようですね。美容室と言う所は当然自宅から足を運んでもらわなくてはいけない所であって、夏の暑い盛りには、当然お客さんは汗をかいた状態で来店されるであろうことは想定済みでしょう。またその様な時期だからこそ、美容室で髪を洗って、さっぱりした気分を味わってもらいたい、と思っているはずです。もちろん、人の体質によっては人よりも汗をかきやすい人とか、体臭がきつい人というものもいるものです。ですがその様なお客さんがいる事もやはり想定済みです。その様な事で嫌な顔をする美容師がいるとしたら、それこそが問題だと言えるでしょう。ですが確かに美容室に行くと、普段はそんなに人との距離が縮まる事は滅多にない、と思うぐらい、美容師さんとの距離が近くなるものです。気になってしまうお客さんの気持ちもわかります。確かにエチケットとしては、汗をかいたまま来店するのではなく、シャワーを浴びてから行ったり、美容室の近くのどこか冷房の効いた場所で涼んでから来店するのもいいかもしれません。ヘアカタログ

ダイエットを始めて体重が減らなくなったときの対処法

綺麗になろうと思いダイエットを始めて、最初は順調に体重は落ちていたのに、ある時を境に全く体重が変化しなくなる時があります。大抵の人はそこで心が折れてしまい、生活をダイエット前に戻してしまいリバウンドをするという失敗をしてしまうのですが、体重が減らなくなるのは人間の体を守るために備わっている機能のため仕方のない事でもあります。ホメオスタシスと呼ばれダイエットを始めて1か月ほど、体重の5%くらい減ったあたりからこの機能が働き始めます。ホメオスタシス機能が働くと、食事から得られるエネルギーが上昇し、蓄えられやすくなり消費されにくくなります。この状態ではダイエットを始めた時と変わらずに摂取カロリーに気を付けていても体に蓄えられていくカロリーは増えてしまい、ダイエットのために始めた運動を続けて行ってもカロリーが消費されていきません。極限状態から人の体を守るための機能ではありますが、ダイエットをしている人にとっては厄介な機能です。体重が思うように減っていかない期間を乗り越えるために必要なことは通常通りのダイエットを続けていくということです。そこで諦めることはもちろん、過酷なダイエットに切り替える事もいけません。停滞期はやがて過ぎ去ってまたいつも通りに体重が減り始めていくので、変わらずにダイエットを続けていくことが大事です。体重の変化に惑わされずにダイエットは成功しているという事を信じて続けていくようにしてください。人の肌は寝ている間に新陳代謝が行われて生まれ変わっています。夜中は人間の活動が最も低下する時間のため、その分を肌の再生などに回すことができます。しかし夜遅くまで起きて生活するという人は肌の再生よりも体の活動にエネルギーを回さないと行けなくなります。そのため肌の代謝が行われなくなり、肌が新しく生まれ変わらないといった状況になってしまいます。見た目の年齢を高く見せてしまうほうれい線の悩みは睡眠不足による影響が大きく、普段から0時までに寝ているという人と、夜中の2時まで起きているという人ではまったく見た目が変わってきます。肌の再生は夜中の10時~2時の間が一番活発に行われていますので、その時間に寝ている人は新陳代謝が活発に行われて肌の状態も良くなります。ほうれい線が目立ち始めたと感じたときにはまだ消せる可能性があります。肌の再生が遅れてしまいほうれい線ができてしまっているということはしっかりと睡眠をとって肌の再生がしっかりと行なわれていれば元に戻せるということでもあります。普段から夜更かしをする癖があり、寝る時間が遅れがちな人は生活のリズムを変えて寝る時間を早めに取ることが大事です。できれば夜中の10時までに寝ているということが理想ですが、遅くとも0時までには寝ていると肌は再生が行えます。ほうれい線が最近になってから気になりだしたという人は特別なスキンケアを始めるよりも睡眠時間の見直しを最初にやってみましょう。池袋 美容院

ダイエットに適している時間について

血糖値が下がり低血糖になったときにはダイエットの時間です。すぐに物を食べずにまずは体を動かしてみると脂肪をエネルギーに変えることが出来ます。ホルモン感受性リパーゼの働きで脂肪は分解されますが、リパーゼの働きを促すために必要なホルモンがグルカゴンです。グルカゴンは空腹時と運動をしている時に分泌されリパーゼの働きを活性化させます。低血糖になる空腹時はダイエットをする絶好の時間になるわけです。血糖値は食事から4時間ほどたって食事前の状態に戻ると言われています。血糖値を更に下げてダイエットの時間をつくるならそれよりももう少し時間を作ってからダイエットをするのが効果的になります。大体7、8時間も経てば血糖値もかなり下がっている状態なので、少し体を動かしてみるといいでしょう。自分の食生活を見直してみてください。夕食を7時に食べて睡眠につき朝6時に起きて食事を取るとしたらその間11時間です。朝食を6時に食べて昼食を12時に取るとしたらその間6時間。昼食を12時に食べてから夕食を7時に食べるとしたらその間は7時間になります。こうしてみると運動をする一番効率のいい時間は朝になり、その次が夕食前となります。昼ではまだ血糖値が下がり切っていないためダイエット効果は朝と比べて低いということになります。自分の生活習慣の中で最もダイエットに適している時間を見つけてみてください。無理して運動の時間を作らなくても効率的に脂肪を燃やせる時間を利用してみましょう。糖分は人が生活していくためにはエネルギー源となるため必要不可欠なものです。炭水化物が分解されて糖分となり、体の筋肉や脳の働きを支えています。糖分を摂らないと生きていけないからこそ、糖化を避けることは出来ません。年齢を重ねていくと糖化したたんぱく質が増えていくことは避けることが出来ません。糖化の進行を出来るだけ遅らせて、肌の糖化を防ぐためにまず運動をしていくようにしましょう。運動はエネルギーを必要とします。運動した時に糖分が分解されてエネルギーに変換されていけば糖化を防ぐことが出来ます。逆に運動不足だと取った分の糖分はそのまま糖化していきますので当然肌の老化を招くことになります。日頃から運動不足だと感じている人は少しでも体を動かす機会を増やす事を心がけてください。食べ方にも注意が必要になります。早く食べる癖のある人はそれだけ血糖値が上がりやすいということです。食事のたびに血糖値が急激に上昇すると慢性的に高血糖になってしまいます。そうなると体の糖化は進行しやすくなっていき肌の老化も進んでいきます。糖分の過剰摂取を避けることが大前提になりますが、血糖値を上げないために、食べるスピードが速い人はゆっくりと食べることを心掛けると糖化を防ぐことが出来ます。糖化の予防は日常生活の過ごし方にあります。自分の普段の生活を考えてみて運動不足気味の人、良く噛まずに食べてしまっている人は体を糖化させないように注意してください。東花園駅 ラメグラ カラー クリア 口コミ クーポン おすすめ