シャンプーは髪の為に良いか?

みなさんはおそらく「髪に良い事ってなんですか?」と聞かれると、その答えの一つとして「シャンプーをする事」とか「髪を洗う事」と答えると思われます。現代人は確かに「毎日シャンプーを使って髪を洗う」という事を日常としています。かつてはこれほどまでに髪を洗っていた歴史は無いようですが、近年は一日でも髪の毛を洗わないと「不潔」というイメージがあり自分自身でも「気持ちが悪い」と感じる人が多いように思われます。確かに髪の毛は汚れますし頭皮は汗をかきます。ですからその汚れを落とす、という行為は悪い事ではありません。ですがシャンプーをする時のプロセス一つ一つを見てみると、髪の毛に良い事は一つもない様に思われます。たとえば「水やお湯で髪を濡らす」というのはキューティクルが開いてしまう要因となります。シャンプーは汚れを落とす効果はありますが刺激の強い薬剤でもあります。トリートメントは一見髪を守ってくれるように思われますが髪の毛を必要以上にコーティングするのは髪の毛にとっては負担となります。髪を洗えばその後にドライヤーを使う人が多いと思いますが、ドライヤーの熱も髪の毛を傷めてしまいますし、だからといって自然乾燥で長時間髪の毛が濡れた状態になっているのも髪の毛にとっては良くないのです。こう考えるとシャンプーという行為は髪に良くない事ばかりしているように思えてしまいます。柏のスタイリストを求人で美容院極端に言うと髪の毛と言うものは人工的に何かを施すと必ず何らかのダメージを受ける、と考えておいた方が良いでしょう。美容室へ行けば髪の毛は健康的であり続ける事が出来る、と思っている人がいるとすれば、それは間違った認識かもしれません。美容室で行うシャンプー、パーマ、カラーなどはどれも基本的には髪の毛にダメージを与える行為となり得ます。ですがそれを最小限に抑えるように努力してくれるのが美容室でもあります。パーマやカラーと言った施術は、現代では経験しない人がいない程普及していますし、それがその人に美しさを与えるものである、という事に変わりはありません。特に女性にとっては必要な施術となってきていますし、髪の毛に関して悩みを持つ人にとってはそういう施術があることでとても助かっている人もいるものです。ですから美容室ではそのメニューを最小限のダメージで抑えながら施しているのですね。またそれでもダメージに会ってしまった時にはなるべくそのダメージを最小限に抑えたりそのとのケアをするように努めてくれます。そしてそこからが肝心で美容室でせっかくダメージを最小限に、と考えた施術を施してくれている訳ですから、自宅においても私達も出来る限りの努力をしなくてはならない事になりますね。